サイトへ戻る

★スマイルキッズマナー★

インターネットのルールとマナー

今回はインターネットのルールとマナーを行いました。
私は大人になってからインターネットを使うようになりましたが、生徒さんたちは生まれた時からネットがある世代です。学校でもパソコンを使う授業があります。その生徒さんたちは今はまだスマートフォンは持っていないとのことですが、今春中学生になる生徒さんは中学生になれば持つとのこと。ご家庭でも話しているようですが、今一度インターネットの落とし穴にはまらないように、インターネットのいい面と怖い面をお伝えしました。

まず、SNSって何?どんなものがあるの?というところから入り、生徒さんたちが知っているところではYouTubeやInstagramやXが上がりました。癒される動画をお母様と一緒に観ているとか。面白い動画も癒される動画も楽しめますね。その反面、知らない人からメッセージが入るなど怖いこともあります。大人が同級生のフリをして友達になろうとしてくること、今度会おうよ!と誘ってくることもあります。当然、絶対にダメ。
また、SNSでは写真の投稿もできるので写真を何枚か見せながら、ガラスや鏡に文字や景色や人が写ってるよね。この写真は時計が写ってるから時間もわかるねと写真の注意事項もお伝えしました。一枚の写真の背景などから色々なことがわかってしまいます。情報がたくさん詰まっています。そこに文字が加わることでさらに個人情報などが知られ特定されることもあります。そこから犯罪に巻き込まれることもあります。そして友達の写真を勝手に載せないこと。トラブルのもとになります。そのようなことをお伝えしながら、写真を見て気づいたことをホワイトボードに書き出してもらいました。

 

broken image


そしてインターネットを使っていく上で絶対にしてはけないこと(注意すること)を10個あげ、一つずつ説明をしていきました。
・自分のことがわかってしまうこと(名前・住所・電話番号・学校名など)は絶対に書いたらダメ
・お友達のことがわかってしまうことも書いたらダメ
・うそや悪口や人を傷つけることは絶対に書いたらダメ
・一度書いたら一生残るよ
・もし知らない人から連絡が来ても絶対に相手にしない
・知らない人とはぜーーーったいに会ってはダメーーー!!
などです。
最後に二人で相談しながらでもいいので、インターネットでしてはいけないこと(注意すること)10個を思い出してもらいホワイトボードに書き出してもらいました。

インターネットは調べものや離れた人とも交流が取れるなど、上手に使えば本当に便利で今の時代は無くてはならないものですが、だからこそ、ついうっかり…という事が無いように、楽しく上手に使っていって欲しいです。